子供のトイレ事情-面白情報館

子供のトイレ事情の面白かった話を紹介しています。



HOME | 未分類 | 発達障害の子どもでもトイレトレーニングできました

発達障害の子どもでもトイレトレーニングできました


February 5,2016 |

子どもは発達障害があります。コミュニケーションの障害で伝えるということが苦手です。なので「おしっこがしたい」などと伝えることが難しくトイレトレーニングには問題が山積みでした。トイレでしなくてはいけない意味もかわらないので、トイレに入ることも嫌がり、あっという間に3歳を迎えてしましました。トイレで泣き叫ばれ終了、という進歩のないトイレトレーニングが続き、いつかオムツがとれるのだろうか…、と気持ちも落ち込みがちになっていました。

そんなある日、本当にたまたまなのですが、トイレでオシッコがちょろっと出たことがあり、私は大喜び。「えらいね~」と半泣きになりながら褒めちぎりました。その後もたまに出るときが増えてきてその度に褒めまくりました。そんな状態を1年以上続き、出たり出なかったり、一進一退していました。オムツでしてしまったときも「おしっこはトイレ」と呪文のように言い聞かせていました。

そんなある日のこと、朝起きるとなんと自分でトイレに走りおしっこをしていたのです。そして自分で「えらいね~」と言いながらトイレから出てきました。そしてその日から朝だけは自分でトイレに行けるようになりました。その後学校の先生の協力もあり6歳でオムツを卒業することができました。今でも私に「トイレに行きたい」と伝えてくることはありませんが、自分でトイレに向かいます。育児書のようにはいかない育児ではありますが、必ず子どもはその子なりの方法で成長する力を持っているのだと実感できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Posts.

長男のおむつ外し | 息子のトイレ克服法 | トイレと布団を間違えていた我が子

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報





    Theme powered by: WordPress: © 2015 - 2019子供のトイレ事情-面白情報館